クリストフ : コンコルディア小屋への道のりの変化

窓の外の氷河には、絶え間なく風が吹き荒れています。
コンコルディアプラッツの環境は容赦の無いほど厳しいものですが、暖かい小屋の中で、ゲストたちは笑い合いカードを楽しんでいます。
尊敬すべき謙虚な男、クリストフ・ザーガー(Christoph Sager)の周りには、親しい顔ぶれが集っています。
長い小屋の歴史に興味をそそられ、登山の後のご褒美のビールを飲みながら、小屋を管理する彼の話をうかがいました。
氷河が溶けるにつれ、日に日に小屋へのアクセスはますます困難になっていますね。人々が楽しみ続けられるように、小屋のインフラをどのように管理しているのですか?
最初のコンコルディア小屋は、1877年に氷河から 50メートルの高さに建てられましたが、現在はコンコルディアプラッツから約 200メートルの高さにそびえ立っています。
SAC セクション・グリンデルワルドは、1970年代にはハシゴから鉄製の階段へと移行し、多くの困難を乗り越えながら、小屋へのアクセスを維持するためにたゆまぬ努力を続けています。
今年の夏は、落石や垂直な岩壁のために、階段全体を移動させなければなりませんでした。
しかし、このまま氷河の厚さが、年に 1メートルずつ薄くなり続けるのならこの場所を放棄しなければならない可能性もあるのです。

『1877年には、氷河を登ってすぐに小屋がありました。
今では467の階段を登ってやっと到着します。』


ご家族と一緒に数年間この小屋に住んでいたそうですが、その時の日常生活や、小屋の維持に必要なことついて教えてください。
私たちはコンコルディア小屋に合計 9 年間住んでいました。
3 人の子どもたちの学齢期には 1 人ずつの教師が付き、小屋には 2 ~ 3 人の従業員がいました。
155 あるベッドは、季節によって小屋へのアクセスが変わるため、空室と満室のバランスを取るのが大変でした。
そのため、即興性と柔軟性が求められ、それこそがこのチャレンジの醍醐味でした。
小屋の管理人としての仕事の範囲は、本当に無限です。
大所帯の管理から医療行為を含むあらゆる分野の技術的な課題まで多岐にわたります。
氷河の変化を目の当たりにして、どのように感じていますか?
コンコルディア小屋の管理人として、私はその変化をはっきりと見てきました。
氷河の後退と小屋への道のりの確保は、私の毎日の生活にスパイスを与える挑戦です。
氷河は美しく、まるで目の前で時空が展開しているかのような魅力があります。
私はすでに数千年から数百万年前の貝の化石を急峻な崖の上で発見しており、これは地球の歴史のタ
イムラインの正真正銘の一部です。
これら全てのことから、私は氷河への感嘆と畏敬の念を抱き続けています
 

MAMMUT(マムート)が運営するブランド・オンラインサイトです。
新製品の情報、特集、イベント、ニュース、店舗情報などMAMMUTの最新情報をご紹介します。