アバランチエアバッグ3.0 取付けリング点検のお願い






アバランチエアバッグ3.0 取付けリング点検のお願い






セーフティファースト:MAMMUTでは製品のクオリティと安全性が最優先事項であり、

そのためアバランチエアバッグ3.0をお持ちのお客様に、エアバッグシステムが正しく動作するために、

バッグ内でエアバッグバルーンと取付けリングが、エアバッグ膨張システムに正しく装着されているかの

点検・確認をお願いします。



対象となるお客様は、Winter 16/17、Winter 17/18、または Winter 18/19 シーズンの第三世代となるアバランチエアバッグ 3.0 モデル(オレンジネオンカラーの展開用ハンドルが目印です)をお持ちのすべてのお客様です。*上記以外のアバランチエアバッグモデル(赤色の展開ハンドルが目印です)は点検の必要はございません。



以下の手順に従ってご自身で点検・確認をしていただくか、弊社サービスセンターでの点検も可能ですので、ご希望される方は弊社カスタマーサービスセンター(TEL 03-5413-8597)までご連絡ください。



エアバッグが正しく取り付けられているかどうかを確認するのは難しくはありません(以下の手順に沿ってご確認ください。)

エアバッグバルーンがエアバッグ膨張システムに適切に装着されていないと、場合によってはエアバッグが展開後に急速に縮小してしまう可能性があり、その結果、雪崩による埋没リスクの際にエアバッグ本来の機能が損なわれる可能性があります。



もしも手順に沿って点検・確認していただいた結果、エアバッグバルーンが取付けリングに正しく取り付けられていないことが確認された場合は、使用を中止し弊社カスタマーサービスセンター(TEL 03-5413-8597)までお電話ください。返品交換させていただきます。



お客様には多大なるご迷惑、ご心配をお掛けしまして誠に申し訳ございません。

ご理解とご協力を何卒宜しくお願いします。



1.お持ちのアバランチエアバッグがこの点検の対象モデルに該当するかをご確認下さい



対象の第三世代アバランチエアバッグ3.0には、ネオンオレンジ色の展開ハンドルがあり、以下の4品番です。

(第二世代までのモデルは点検の必要はありません)























アイテムNo. モデル名
2610-01270 Pro Removable Airbag 3.0
2610-01320 Light Protection Airbag 3.0
2610-01330 Pro Protection Airbag 3.0
2610-01500 Light Removable Airbag 3.0






barryvox-airbag



2. お持ちのモデルが対象モデルの場合、バックパックのエアバッグコンパートメントを開きます



ファスナーを使用して、エアバッグバルーンを広げずにエアバッグコンパートメントを慎重に開きます。



注意:エアバッグコンパートメントを開くときにエアバッグバルーンが広がった場合は、安全性チェックの後、ユーザーガイドの説明に従って再度折り畳んでください。



https://www.mammut.jp/concept/airbag-user-manuals





barryvox-airbag


画像: Mammut Protection Airbag System (PAS)






barryvox-airbag


画像: Mammut Removable Airbag System (RAS)


3.折り畳まれたエアバッグバルーンを横に持ち上げて、バルーンとエアバッグ膨張システムの間の取付けリング(図の緑色の円部分)がはっきり見えるようにします。






barryvox-airbag


画像: Mammut Protection Airbag System (PAS)






barryvox-airbag


画像: Mammut Removable Airbag System (RAS)



4. エアバッグバルーンとエアバッグ膨張システムの間の取付けリングの設置状態を確認します。親指と人差し指で取付けリングを(通常の力で)動かしてみます。



重要:指で動かす圧力を加えた際、取付けリングは回転したり動いたりせず、しっかりと固定の状態を維持する必要があります。





barryvox-airbag


画像: Mammut Protection Airbag System (PAS) and Mammut Removable Airbag System (RAS)






barryvox-airbag



画像: Mammut Protection Airbag System (PAS) and Mammut Removable Airbag System (RAS)



5. 安全性の確認



取付けリングが動かず所定の位置に留まっていれば問題ありません。



親指と人差し指の力で回転したり動いたりせずに取付けリングが所定の位置にしっかりと固定されていれば、エアバッグバルーンはエアバッグ膨張システムに正しく取り付けられています。エアバッグバルーンをバックパックのエアバッグコンパートメントに収納するだけで、エアバッグは再び使用できるようになります。



取付けリングが回転したり動く場合は、装着に問題があります。



親指と人差し指を使って取付けリングを回したり動かしたりできる場合は、エアバッグバルーンがエアバッグ膨張システムに正しく取り付けられていないため、アセンブリに問題があります。



この場合は、製品の使用を中止し、製品交換のために弊社カスタマーサービスセンターまでご連絡とご返送をお願いします。



■製品ご返送先およびお問い合わせ先

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2丁目4-11 Daiwa神宮前ビル 4F

MAMMUT SPORTS GROUP JAPAN 株式会社『アバランチエアバッグ』係

TEL:03-5413-8597

(*折り返しのご連絡に必要となりますので、送付状の発送元のご住所、お電話番号、お名前の明記をお願いいたします。)



6.また念のため、エアバッグバルーンがひねられていないことを確認します


重要:バルーンは、膨張システムの出口に取り付けられている時はひねらないでください。





barryvox-airbag






MAMMUT(マムート)が運営するブランド・オンラインサイトです。
新製品の情報、特集、イベント、ニュース、店舗情報などMAMMUTの最新情報をご紹介します。